ホーム > ご利用ガイド > よくいただく質問

よくいただく質問

のれんの防炎加工は出来ますか?

はい、出来ますのでご安心下さい。
ただ防炎に関しましては、いくつか注意点がございますので以下お読みになって下さい。

まず防炎の定義ですが、一般に防炎とは燃えやすいものに着火した時、
その部分が黒く焦げるだけで、燃え拡がらない性質のことをいいます。
この「燃え拡がらない、言い換えれば燃えにくい性質」を、のれんのような繊維製品に付与することを「防炎加工」と呼び、当店では水溶性の防炎剤に浸漬するやり方で行っております。

防炎加工が施されたのれんには標準で防炎シールをお付けいたします。
この防炎シールは、防炎性能及び加工年月日を証明するものなので、
使用中は絶対にはがさないようお願いいたします。

当店ののれんの防炎性能は2年を限界として、その間徐々に効力が落ちていきます。
また一度のれんを洗濯をしますと防炎効果はなくなってしまいます。
同様に雨に濡れる度に効果は落ちていきますので、くれぐれもご注意下さい。
いずれの場合も、再防炎加工をすれば問題なくお使いいただけますので、
その際はお気軽にご相談下さい。

なお、のれんの防炎加工は、作業に1週間お時間がかかりますので、余裕を持ってご注文下さいますようお願いいたします。防炎加工のご注文は、注文入力ページのところにある、防炎加工ありなしで簡単にお選びいただけます。

防炎加工の証明書に関しては、こちらをご覧ください。
http://www.order-noren.com/guide/faq_00150.html


防炎加工したのれんの燃焼実験です↓↓↓


防炎スプレーについて。

のれんを注文したいと思っているのですが、防炎加工について、どうするか迷っています。
市販のもので、防炎スプレーというものがあるようですね。 市販の防炎スプレーを使用すると、
色にじみや色移り、しみになる可能性はありますか?


防炎生地について。

防炎についてご質問です。
カーテンやエプロン、寝具などでは洗濯をしても防炎効果が落ちない、防炎製品というものがあるようです。 そのような生地でのれんを作っていただくことはできますか?

 

補修について。

店先でやったイベントで火花が散って、のれんのところどころに焼け焦げができてしまいました。 結構ひどい状態なのですが、補修していただくことは出来るのでしょうか?
また、防炎加工をしていればこのような事態は防げたのでしょうか?

 

生地見本帳配布中!現物貸出
只今無料で生地見本帳を配布中です。また、のれん実物の貸出も行っています。手触りや仕上がり具合等、実際に手にとってお確かめください。

店頭集客の実例
のれんや日除けのれんを使った
店頭集客の実例をご紹介。

お役立ちコラム暖簾のれんうんちく
のれんの歴史や色、形、地域性など、
のれんに関する様々な情報を掲載。

店長日記

SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトでは、安全性の証明とプライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用しておりますので安心してご利用下さい。

お客様相談窓口0120-896-092受付時間 9:00~18:00 (平日)

メール:main@order-nobori.com