オリジナルののれんを海外にもお届けします
>> 海外発送の注意点
初めての方へ のれんの製造現場を動画でご紹介

>> わかる!のれんの製造過程!

なぜ「本染め」ではなく「昇華転写」なのか?

>> のれんの印刷方法

同時注文可能!タペストリー 、垂れ幕・横断幕・大漁旗など、旗と幕なら!旗(はた)・幕(まく)ドットコム

>> のれんとご一緒に!

営業日カレンダー

特急便は3日後出荷!
通常便は7日後出荷!

営業時間 9:00~18:00
インターネットでののれんのご注文、メールでのお問い合わせは24時間受付けております。

私たちがつくっています
>> のれん製作スタッフ
のれんのハクロマーク会社情報
TEL 079-281-8898
FAX 079-281-7062

【運営】
株式会社ハクロマーク製作所
兵庫県姫路市西中島284-8


フェイスブック

ツイッター

google+ボタン

ホーム > お役立ちコラム > 店頭集客の実例

店頭集客の実例

店頭集客の要諦 ~カギは、3つの関門突破にあり~

ここで、前ページに出てきた関門のフロー図に、
のれんや日除け幕などの各種看板ツールを追加します。
これが各関門の打ち手になります。

店頭集客の関門の説明図2

●看板ツールが、お客様の関門越えを可能にする理由!


人間は行動を起こす前に、必ず視線が先行します。

例えばお客様が店前で立ち止まるには大前提として、それより先に、
店もしくは看板ツールの存在に気付いているはずです。
店もしくは看板ツールも何も見ないで立ち止まるようなことは絶対にしないでしょう。

ですから、 認知してもらったり、興味を持ってもらったりしようと思えば
まずはお客様の視線をコントロールと言うか、ナビゲートする必要があるのです。

つまり、集客を考える上で大事なのは、動線よりもむしろ視線の方。

これが、のれんや日除けのれんなどの「看板ツール」が、
各関門を越えてもらうための打ち手になる!
いや、それこそが「看板ツール」の本来の役割だと言った理由です。

だからと言って、どんなもの・どんなデザインでもいいかというと、
もちろんそうではありません。

実際のところ、これほど重要な役割が与えられている「看板ツール」ですが、
こういったことを考えながら作っている方は、残念ながらそう多くはいらっしゃいません。

のぼりや垂れ幕、タペストリーやのれんなどは、
手軽に作れるのがメリットなのですが、
それゆえあまり深く考えずに作ってしまいがち。

特に、これらを単独で考えて作ってしまうケースがよく見受けられます。
これは非常にもったいないこと。というか、せっかく作っても効果半減です。

大切なのは、それら媒体やそこに載せるメッセージを単独で考えるのではなく、
各関門をお客様が流れるように、関連付けて作ることです。


お客様に知ってもらって、興味を持ってもらい、
最終的に他店と比較の上、入店してもらえるよう、
視線を順にナビゲートしていく。


それぞれの関門で看板をこう使って、
そこにはこんなメッセージを打ち出してと、
周到に計算の上、作ることが大切なのです。

そうすることが、最終的な来店者数を増やすことに繋がっていきます。

店頭集客のイラスト

●のぼりで、認知関門を突破する方法

それでは、いよいよ、どんなツールにどんなメッセージを書いて、
どのように発信すればお客様に通過してもらえるのか、
各関門ごとに、具体的な「打ち手」を見ていくことにいたしましょう。

まずは、第一の関門の認知関門から。

認知関門は、文字通りお店の存在を知って頂くことです。
兎にも角にも知っていただかないことには何も始まりませんから、
第一関門としては当然と言えば当然です。

そのためにも、まずはお店を目立たせ、何としてでも
通行客に気付いてもらわなければなりません。
その際のポイントは、遠くから見える必要があるということ。
認知・発見という行為は、遠くで行われるからです。

遠くから見えるからこそ心の準備が出来、店前で止まることが出来るわけで、
近くに来て初めて認知・発見されても、もう遅いわけです。

ただし、遠くでその存在に気付いていただくだけでは片手落ちで、
加えて理解していただくことも必要。
何屋さんなのか、取扱商品は何なのかが分からないと、
決して認知されたとは言えません。


例えば、外観あるいは看板がとてもおしゃれでも、
何屋さんなのかわからなかったり、
店名ばかり大きくて商品イメージが湧かなければ
認知関門を突破することは出来ません。

では、どのようにして遠くから目立たせたり、理解していただくかですが、
店頭に立って大声で呼び込んだり、
あるいは大通りから少し奥まったところにあるお店であれば、
大通りまででてきてチラシを配ったりする方法もありますが、
基本は看板や垂れ幕でナビゲートする方法が一般的です。


次のページでは、のぼりを使った認知関門突破法についてご紹介しましょう。

前のページへ 次のページへ

空欄 あなたのお店何屋さんか分かりますか?

生地見本帳配布中!のれん現物貸出
只今無料で生地見本帳を配布中です。また、のれん実物の貸出も行っています。手触りや仕上がり具合等、実際に手にとってお確かめください。

業者選びに迷ったら
間違いのないのれん作りの為の5つのポイントをご紹介しています。

店頭集客の実例
のれんや日除けのれんを使った
店頭集客の実例をご紹介。

開店祝いにのれんを贈るなら
開店祝いの贈り物としてオリジナルのれんを作成する際の注意点について。

お役立ちコラム暖簾のれんうんちく
のれんの歴史や色、形、地域性など、
のれんに関する様々な情報を掲載。

スタッフブログのれんの製作に携わっているスタッフがお役立ち情報を発信します。

日本電子商取引事業振興財団のサイトシール
当店は日本電子商取引事業振興財団に参加しています。

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。
GSLを通じて自然エネルギーの普及を応援しています。

SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトでは、安全性の証明とプライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用しておりますので安心してご利用下さい。

お客様相談窓口0120-896-092受付時間 9:00~18:00 (平日)

メール:main@order-nobori.com